秋の魚

平目(ひらめ)

福島県で取り組まれている「資源管理型漁業」
「つくり育てる漁業」の代表選手。
漁業者自らが稚魚の放流を行ったり、
全長30㎝未満の漁獲禁止などに
取り組んでいます。
秋から冬にかけて「寒びらめ」として美味。

平目
ひらめのお造り

ひらめのお造り

ヒラメは通常5枚におろします。
中骨が太く大きいため、意外にさばきやすい魚です。
エンガワも貴重ですので捨てないで
コリコリとした食感をお楽しみください。

秋刀魚(さんま)

道東沖で育った秋刀魚は夏から南下を始め、10月〜12月に福島県沖にやってきます。
秋を代表する魚で、塩焼き、刺身などでお召し上がりください。

秋刀魚(さんま)
さんまの塩焼き

さんまの塩焼き

たまには昔ながらの七輪でサンマを焼きませんか?
炭火はあらかじめしっかり火をおこし、網をはりその上に塩をふったサンマを並べます。なるべく焦げないよう、細心の注意を払いながらこんがりと焼いてください。

鮭(さけ)

福島県は太平洋側のサケの南限です。
アキアジという言葉があるくらいこの時期のサケは人気があります。

鮭
さけ鍋

さけ鍋

サケを中心にお好きな魚介や野菜を入れ
味噌と酒で煮込み、
シメにうどんを入れ寒い冬の定番料理です。